スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

2020年3月9日

三条『木のひらやモデルハウス』見学会のお知らせ&住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?⑥

営業藤島です。いよいよ三条市石上の夢ランド分譲地(ワイズテラス石上)にて、木のひらやモデルハウスの構造見学会が開催されます。

3月14日(土)・15日(日)の2日間限定です。イベント情報はこちらから。

余談ですが、夢ハウスグループ全従業員で一番『石上・ひらやモデル』に近いのがこの私です。しかも通勤路。大々的にカミングアウトすると材料運搬や小口配達を沢山頼まれそうなので、このブログだけの秘密です・・・。(もう少しで新居に引越ですし!)

近くには三条カレーラーメンで有名なお店、

大衆食堂正広(まさひろ)さんがあります。

要チェックです。

 

さて、今週の我が家の写真は・・・まず子供部屋!

クローゼットの左側は稼働棚、右側はハンガーパイプ2段になります。入口付近は小物を置ける『ニッチ』があります。6帖間。子供部屋という事もあり、桐では無く、赤松で仕上げます。

『夢ハウスの収納は桐』という基本仕様があるので、てっきりクローゼット内部は床・壁・天井が桐になるんだよね・・・という固定観念がありましたが、杵淵(きねふち)棟梁から

『収納の間仕切りはロールスクリーンなので、収納内も赤松にした方が一体感がありますよ』

とアドバイスを受けました。そうか、お客様が現場に行った時にはこういったやり取りをしているんだな、と実感しました。確かにおっしゃる通り!

 

寝室脇のWICはもちろん桐です

 

続いて小屋裏収納です

凛太朗、この収納をかくれんぼする場所にしそうな予感・・・

 

左側の収納は、契約当時にはありませんでした。山田監督から『ちょっとお金貰えれば作れるけど、どうする?』と相談を受け、お願いしました。

 

一般的に世の中の住宅建築には見積書・契約書に記載された金額が絶対的で、お引渡しの時に増減しない、という建物もあるかと思います。が、夢ハウスでは『作品』をお作りする以上増えたり、減ったりは有ります。

ご契約金額より増える場合、見積もりが甘かったというより『お見積もりにどれだけ余裕をみておくか』に尽きると思います。住宅ローンを使われる場合、建築途中で借り入れ金額を増やす事が出来ませんので、少し余裕を持ったお見積もり・ローン借り入れをお勧めしたいと思います。

少しの追加でこんな良い収納を作って貰えた~! と喜んでいたらカーテンのルームワン泉田さんから

『小屋裏の追加収納もカーテン必要ですよね?』と言われ。・・・んん~!? うっかり忘れていましたが、間仕切りがある方が『隠せる収納』として使えます。ロールスクリーンをお願いしました。

やはり少し余裕をみていた方が良いものですね。

 

勿論、お見積もりの段階で削れるだけ削る方法も正解の1つですが『折角だから~にしない?』というのが家づくりにも多々あります。お引渡しまでの活動が楽しくなりますし。

先日の見学会でも施工中のお施主様が何組もご来場されましたが、皆さん充実しておられました。

B型の私としては、折角だから~は嫌いじゃないですね。

ちなみに、限定~も嫌いじゃないです。普段の買い物でも限定と書かれていれば無論、買います。

男には、やらねばならない時があります。

 

 

次回は外。外壁材をご案内しようと思っています。年度末でバタバタの予感ですが、早めに投稿したいですね。

 

何故建てるのかシリーズ

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?①

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?②

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?③

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?④

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?⑤

 

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?⑦

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?⑧

住宅営業が何故このタイミングで建てるのか?⑨

→ スタッフブログ一覧へ戻る

藤島 英

藤島 英

営業/ブログ担当

無垢材の家づくりが特徴の夢ハウスは、『お引渡し後もお客様を大切にする』会社でもあります。契約したら、建てたら終わりではなく、皆様と長いお付き合いをして行きたい。そう願いつつ業務に取り組んでおります。ぜひモデルハウスや見学会にお越しください。スタッフ一同お待ちしております!