スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ

2021年1月22日

新たな薪ストーブ燃料、そば殻バイオコークス!

営業藤島です。春夏秋は置き物、冬は全力稼働する薪ストーブ。現在、夢ハウスではお施主様に以下の燃料を販売しています。

 

・角材(夢ハウスの無垢構造材の端材)。杉、ヒノキ、米松、ヒバ。

 

・ブリケット(夢ハウス工場で出る『おが屑』を成形したもの)。ロットによって杉が多かったり、ヒバが多かったり色々。

 

・ペレット(ブリケット同様におが屑をより小さく成形したもの)。

 

そして今回

『小嶋屋総本店』さん

『十日町福祉会ワークセンターかわにし』さん

『近畿大学バイオコークス研究所』さんが研究、開発された

 

そば殻バイオコークス

の取り扱いを始めました!

一袋1,200円(税込)で販売します。

このそば殻コークス、どんな燃え方をするのか長岡モデルハウスのストーブで試してみました。

 

事前にブリケットより火力が弱め=長時間持続する と聞いていたので、ブリケットと同時に入れて、どれ位持ちこたえるか実験してみました。

①14:40

午前中から焚いていたストーブに同時投入。(奥の黒い燃料がコークス)

 

②15:48(約1時間後)

ブリケットは殆ど燃え尽きる。

 

③17:40(更に2時間後)

更に2時間経過しても、コークスは残っている

 

ちなみに、突いて中を見てみると・・・

おき火として十分使えそうです!

 

200度を超えているので、この状態から薪を投入すれば十分高温に戻せそうです。

 

今回の実験は③のような、緩やかな『おき火』の状態が何時間続くかを調べる事は出来ませんでしたが、

・日中、部屋が十分に温まった後の弱火用の燃料として

・寝る前に他の燃料と一緒にコークスを入れて、室温を維持する&翌朝のストーブ着火手間を省く

そば殻コークスにはこのような使い方が期待できそうです!

 

夢ハウスのブリケット・ペレットもそうですが、本来廃棄物として処理されていた物を再資源化するのは、循環型社会の取り組みとして大事な事だと思います。

但し、このそば殻コークス、そばアレルギーの方はご遠慮いただいた方が良いようです。

 

 

→ スタッフブログ一覧へ戻る

藤島 英

藤島 英

営業/ブログ担当

無垢材の家づくりが特徴の夢ハウスは、『お引渡し後もお客様を大切にする』会社でもあります。契約したら、建てたら終わりではなく、皆様と長いお付き合いをして行きたい。そう願いつつ業務に取り組んでおります。ぜひモデルハウスや見学会にお越しください。スタッフ一同お待ちしております!